ブラジルのWhatsAppユーザー数が4500万人を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WhatsAppのCEOであるJam Koumが自身のtwitterで、WhatsAppの全世界のユーザー数が6億人を突破したことを発表しましたが、その内訳が少し見えました。

この全6億人のユーザーのうち、ブラジル人は4500万人とのこと。構成比にすると7.5%。
この数字を多いととらえるのか少ないととらえるのかは人によるかもしれませんが、一方で、ブラジルの人口約2億人からすると20%以上が利用している事になるわけで、まぁブラジル国内で与えている影響は、決して小さくないことは確かでしょう。

実際に僕の周囲のブラジル人は、経営者層から労働者層までほぼ全員使っており、プライベートに限らずビジネス上でのやりとりにも使ったりしていますし、しまいには、facebookアカウントを持っていない人ですらWhatsAppは使っている、という人もいるくらいなので、肌感覚でのシェアはもっと高いような印象があります。

ちなみに競合にあたるViberは1700万人とのことで、WhatsAppは3倍弱のシェアのようですね。

ところでLINEは?と、日本人は思うのかもしれませんが、今のところはまだまだほとんど聞かないのが実情です。
LINEを使っているブラジル人を1人見つけたことはありますが、現状ではまだその程度です。今後どうなるのかは気になるところですね。

Fonte: veja


この記事はソーシャルメディアに投稿されました タグ: . このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.