ブラジルの人口は2億277万人に到達、そして人口が最も少ない都市は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

約1年程前に2億人の大台を突破したブラジルの人口ですが、最新の調査結果ということで、2014年7月1日時点のデータがIBGEから発表になりました。

ブラジル全国合計で「2億0276万8562人」となり、対前年比で0.86%の増加。
依然として人口は増えてはいるものの、その増加率は鈍化傾向にあるようですね。

■人口ランキングTOP5(州別)
1. サンパウロ州: 44.035.304,00人 (21,7%)
2. ミナスジェライス州: 20.734.097,00人 (10,2%)
3. リオデジャネイロ州: 16.461.173,00人 (8,1%)
4. バイーア州: 15.126.371,00人 (7,5%)
5. リオグランデドスル州: 11.207.274,00人 (5,5%)

■人口ランキングTOP5(市別)
1. サンパウロ市: 11.895.893,00人 (5,9%)
2. リオデジャネイロ市: 6.453.682,00人 (3,2%)
3. サルバドール市: 2.902.927,00人 (1,4%)
4. ブラジリア市: 2.852.372,00人 (1,4%)
5. フォルタレーザ市: 2.572.896,00人 (1,3%)

ちなみに、わりとどうでもいい情報ですが、少ないランキングも出ており、人口が最も少ない市は、「Serra da Saudade(セーハ・ダ・サウダージ)」というミナスジェライス州にある都市で、その数なんと822人だそうな。
そんな人数でよくやっていけるなーと思っていたら、ちゃんと市のホームページもありました。
http://www.serradasaudade.mg.gov.br/

そして、facebookページもありました。笑
https://www.facebook.com/pages/Serra-da-Saudade-MG/107793439377736

そして、市を紹介する動画も発見しました。(これはオフィシャルではなさそうですが)

動画いわく、最も小さく最も良い街らしいので、一度行ってみたいものです。
まぁ確かにこの動画を見る限りでは、おだやかで素敵な街のように見えますしね。

しかし822人の都市だと、市長選とかはどんな雰囲気で決まるんでしょうかね・・・

Fonte: Folha de SP


この記事は消費者・生活者に投稿されました タグ: . このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.